マメール保育園 園児募集について

保育園での与薬について

保育園での与薬は、原則として行いません。ただし、特別に医師の指示がある場合には、園長又は担任にご相談ください。

保育園では、子どもたちの健康を守るため、保育園における与薬等の対応を下記の通りにさせていただいております。

医師が処方した薬は、保護者が与薬すべきものですが、保育園に入所している慢性疾患がある場合などは、保育時間中に与薬を行わざるを得ない場合もあります。そこで保育園では、やむを得ない場合に限り、保育園での与薬を行うこととしています。 与薬は、医師の指示に従い、保護者の皆さまとの密接な連携のもとで行います。

保育園で与薬ができる薬

慢性疾患の子どもたちが、保育中の決まった時間に服用することが必要な薬で、医師が処方したもの。(例:心疾患用薬剤など)

与薬の手続き

育園あてに、「与薬依頼書」と、「主治医意見書」を提出します。

  1. 与薬依頼書 ≪保護者の皆さまにご記入いただきます≫
  2. 与薬に関する主治医意見書 ≪薬を処方した主治医の先生に記入していただきます≫

※保育園で的確に与薬を行うためには、医師の診断に基づいた指示が不可欠です。子どもたちの健康を守るうえで必要なものですので、保護者の皆様にご不担をお願いすることについて、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【保護者用】感染症 登園届

保育園は、乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団での発症や流行をできるだけ防ぐことで、一人一人の子どもが一日快適に生活できるよう下記の感染症については、登園のめやすを参考に、かかりつけの医師の診断に従い、登園届の記入及びご提出をお願いいたします

書類のダウンロードはこちら

【医師用】感染症 登園許可証明書

保育園は乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団発症や流行をできるだけ防ぐことで、一人一人の子どもが快適に生活できるよう、「感染症 登園許可証明書」のご提出をお願いします。

書類のダウンロードはこちら

与薬に関する主治医意見書

保育園では、原則として与薬の代行を行っていませんが、医師が必要と認めたものに限って与薬することとしています。
「与薬に関する主治医意見書」のご用意をお願いいたします。

書類のダウンロードはこちら